役に立つかは別として

頭の中にあるゴチャゴチャを出しとけばスッキリするかも

今、膝の上で安心しきって寝ているコがいる幸せ

うちのワンコのキウイがとうとうオムツのお世話になることになった。

 

なんか、今年に入ってから一気に老いが進んだ気がする。

もともと白内障がちょっとあってここ数年ずっと進行を遅らせる目薬してたんだけど、今年に入ってから一気に進んで、あたし以外の人が見ても明らかにわかるレベルで目が曇ってきた。特に右目はもう見えてないと思う。

左目もあんまり見えてないと思う。おやつ差し出しても、どの部分がおやつなのか分からずあたしの指をしょっちゅうカプるようになった。

歩いてる時も記憶で大体見当つけてるだけみたいで、あたしの足踏んだり、椅子の足にぶつかったり、水が入ってる容器に足つっこんだりしている。 

 

歩きがヨボヨボなのも一気に進んで、歩く元気もなく抱っこされるのを待っていることも多くなった。

そして抱っこのあとに下ろすときも、しっかり足を踏ん張って立ったのを確認してから手を離すようにしないとそのまま尻もちついてしまうようになった。

 

固い食べ物も食べられなくなった。今までは人参とか大根とかスティック状に切ったのを喜んで食べてたけど、自分でバリバリ噛み切れなくなった。

一応食欲はあって今までと同じ量食べてるけど、たぶん栄養分をちゃんと吸収できなくなってる。体重が減って、筋肉も脂肪もごっそり削げてきてしまった。

ぷくぷくでお饅頭みたいだったお尻も骨でゴツゴツになってしまった。

 

毛並みも全体的にパサパサしてきた。

今まで服を着ていて毛が擦れてしまうことなんかなかったのに毛が擦れてしまうようになり、ゆったりしていて擦れない服に替えたあとも擦れてしまったところはそのままで戻らない。

その下に見える皮膚も老人性色素斑みたいな感じになってきてる。

 

そしてトイレ。

今まではトイレに行きたくなったら意思表示をしていたし、粗相をすることなんてなかった。それが去年の終わり頃からたまに意思表示はできても外に行くまでもたないようになり、今年に入ってからは意思表示する間もなく出てしまうようになった。

子犬の頃、まだアメリカでコンドミニアムの3階に住んでたときは、猫みたいに砂箱を使えるコだったのに。

しばらくはこちらが時間を見計らってトイレに行かせるようにして粗相を未然に防いでいたけど、この間とうとうあたしがランニングで40分くらい留守にした間に粗相してしまった。そして2日前には、夜な夜な定期的に起きて行くトイレで、あたしが上着を羽織っているのを待てずに粗相してしまった。

 

そんなこんなでオムツを導入することにしたんだけど、全く抵抗されなかった。

日本に帰ってきたばかりの頃は服が大嫌いで(アメリカでは暖かい場所に住んでたから服なんか着せたことがなかった)寒さ対策で服に慣れさせるのに一苦労したのに、オムツはもうされるがままって感じだった。

 

抵抗する気力がなくなってきてるのかもしれないし、だんだんいろんなことがわからなくなってきてるのもあるかもしれない。

 

でも、とりあえずあたしのそばから離れまいとする気持ちだけはまだ感じる。

目がよく見えないし、たぶん耳も遠くなってるから余計不安なんだと思うけど、「ここにいるよ」と言っても違う方向を向いたまま必死であたしのことを探しているときがある。

 

あたしのことを探さなくなる日も近いのかもしれない。

 

今は、あたしの膝の上で安心しきって寝ている。あったかい。

 

 

応援クリックお願いします~