読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

役に立つかは別として

頭の中にあるゴチャゴチャを出しとけばスッキリするかも

Win-Winなお金の使い方

本はキープしたいかもしれないものはキンドルで買う。でも一旦読んだらキープしなくて良さそうなものは、図書館にあるかチェックして、なければ紙バージョンを買って読み終わってから図書館に寄付する。

これ、良いアイデアじゃない?

あたしは特にいろんな本をたくさん読みたい派だからかもしれないけど、実際はキープしておきたい本って少ない。

これは決して世の中にはキープするに値する本が少ないという意味ではなくて、ノウハウ本の情報でも小説を通した体験でも、あたしの手元に置いとくよりもたくさんの人とシェアした方がいいんじゃないかって思うから。

あと、どんどん新しい本が出てくるでしょ、だから同じものをもう一度読むか、新しいものを読むかって言ったとき、大抵の場合は新しいものを読みたいと思うんだよね。前読んだものが良かった場合でもやっぱりそう思う。残念ながら時間には限りがあるのだ。

ずーっと前に読んだものをもう一回読みたいと思うことはたまにあるけど、かなり時間が経ってからしかそういう気持ちにはならないし、その時はまたその本を入手すればいいだけだし。自分で図書館に寄付したって分かってたら図書館に行けばいいだけでしょ。

そう考えると、買う本を全てキープしてるのは無駄でしかない気がする。

とりあえず引っ越しする予定はないけど、身軽でいたいっていう気持ちもある。

子供の頃からどこに住んでても図書館にはめちゃくちゃお世話になってるから、図書館にお返ししたいって気持ちもある。

もう予算組んじゃおうかなぁ。図書館に寄付する前提で買う本の予算。

1年の間に一定の金額分の本を買って読んでそれを図書館に寄付するっていうの、Win-Winなお金の使い方じゃないだろうか?