役に立つかは別として

頭の中にあるゴチャゴチャを出しとけばスッキリするかも

うちが田舎だからなのか、クロネコヤマトの配達員が優秀だからなのか

昨日、こんなことがあった。

 

ピンポーン。「お荷物のお届けでーす」

(あっ、クロネコさんだ!)

ピンポーン、ピンポーン。

「はいはい、すみません、今、2階にいたので」

「あっ、そうだったんですか、走りに行っちゃったのかと思いました」

 

えっ……。

 

いやさ、確かにあたしは結構な頻度でジョギングしてるよ。走ってる時にクロネコヤマトのトラックもよく見かけるよ。

配達員の人が「あ、また同じ人が走ってるなー」って思ってたとしても不思議じゃないよ。

走ってる側からするとクロネコヤマトのトラックなんてみんな同じに見えるし、誰が運転してるかなんて顔まで判別できないけど、運転してる側からだとわりと分かるんだろう。

でも、「あのよく走ってる人の家はここ」みたいなことまで把握してんの???

 

これ、配達員の人からすると普通なのかなぁ?

自分の配達ルートの住民の生活を把握してるのは普通?

いやでも、うちに配達に来るクロネコヤマトの人って必ずこの人ってわけじゃないから、この人の専属ルートってわけでもないと思うんだけど。

 

うちが田舎だから?

それとも「プロ」の配達員ってそういうものなの?

 

田舎にいると、「こっちは向こうのこと知らないのに向こうはこっちのことを知ってる」ってことがよくある。たぶん「ああ、あの人はあそこの娘さんよ」みたいにみんな情報交換してるからだと思うんだけど。そしてあたし自身がそういうネットワークに入っていなくて他の人のことが分かっていないっていうのもあると思うけど。

でもまさか、クロネコヤマトの配達員にそこまで把握されてるとは。

 

配達員さんって忙しいもんね。

そのあと「はい、じゃあここハンコお願いします、はい、ありがとうございまーす」ってテキパキやってさっさと行っちゃったんだけど、今思うと「そんなことまで把握してるんですか?」って聞きたかったなぁ。