役に立つかは別として

頭の中にあるゴチャゴチャを出しとけばスッキリするかも

無理してでも外に出たほうがいいとき

メインのブログはちょっと書いてたけどこっちのブログはずーっとサボってた今村です。お久しぶりです。

メンター始めて誰かに宛てて何か書く機会ができた分「単に何か書きたい」的な衝動に駆られることが減ってしまったということもあるけど、それよりもなんだかよく分かんないけど「単に何かどうでもいいことを考えてアウトプットしておく」という余裕がない、という状態がここ最近続いてて、ずっとこっちのブログは放置してました。

 

なんだかなぁ……。

対応しなくちゃいけないことに追われて必死に対応していると1日終わっている、という感じの日々が続いてるんだよなぁ。

夜中にワンコに起こされて外に行く時とか、朝起きて顔洗ってる時とか、部屋の掃除してる時とか「これついさっきやった気がする」感がすごくて、時間がループになってる変な異空間に迷い込んじゃったような気がするときがある。

でも抜け出すきっかけがなくて惰性でそのまま時間をループさせてる、みたいな。

 

だけど、昨日、とある忘年会に呼ばれてリアルで会ったことがなかった人たちに会ったら、その時間のループにヒビが入って我に返った。

 

毎日がすっごく同じになってて重症だわ、あたし、と。

 

少し前からなんか良くないなとは思ってたんだよね。

理由だって分かってたし。

したいことがあるのにしなくちゃいけないことがありすぎて、切れ切れにしかしたいことに時間を使えなくて結果的に全て空回りしてる感じで消耗してるんだと分かってた。

 

でも時間がループする異空間にいると止まって対応策を考えられないんだよね。てか、途切れ途切れにちょっと止まっては考えてるんだけど、何もまとまらない。

 

だから、こういう時に何か普段と全く違うことをして自分を日常から切り離すの大事だわーとすごく思った。

こうやって書くと我ながら当たり前すぎてアホらしいんだけど。

 

ここまで煮詰まっちゃってる場合って日常にちょっと休憩を入れるだけじゃダメで、どこかに行くとか、会ったことがない人に会うとか、やったことがないことをするとかしないとダメだわーと実感した。

 

昨日の忘年会はちょっと遠かったんだけど、会ったことがない人たちに会ってきてよかった。

根本的な対応策まで考えられなかったけど、とりあえず外に出て何か普段しないことをしたら固まっちゃってた思考回路がちょっと開いた気がする。

 

遠回りかもしれないけど、しばらくはやりたいこととかやらなくちゃいけないこととは関係ないことをわざとスケジュールに突っ込んでみよう。

そうしたら根本的な対応策も勝手に見えてくるかもしれないし。

 

介護とか育児とかで煮詰まってる人、無理してでも外に出たほうがいいよ。

 

 

========

応援クリックお願いします~