役に立つかは別として

頭の中にあるゴチャゴチャを出しとけばスッキリするかも

人の意識や価値観を変えようと思うのが間違ってるのかも

つながりたいからお手紙書いたの件は、お返事来たけどちょっと誤解があるっぽい。

 

とりあえず報告。終わり。

 

さて、昨日こんなことを書いた。

www.saki-imamura.work

で、そのあと考えてて思った。

なんだってあたしは自分の価値観を売り込もうとしてんだ?と。

価値観は伝えるだけで押し付けるなって自分で言ったばっかじゃん、と。

 

伝えたいことだけ伝えて、あとは相手の好きなようにしてもらえばいいじゃん。で、もっと詳しくって言われたらもっと伝えればいいんじゃん。

 

アメリカにいた頃不動産もちょっとやっていて、賃貸物件を持っていた。で、買ったときに既にテナントがいたんだけど、この人は子供が2人いるシングルマザーで行政から家賃の補助を受けていた。

大家さんになったあとこの人とは何回か話す機会があって、今住んでる家がすごく好きだからできればずっと住みたいこと、生活がギリギリなことなどいろいろ聞いた。今思うと、あたしが大家だったからそういうことを強調してただけだったんだなって感じなんだけど、その時は言われたことをそのまま受け取って「それならこの人を助けよう」と思った。

で、いろいろ考えて、賃貸契約を書き直して家賃の一部が将来の住宅ローンの頭金になるような設定にしようか?と提案した。そうすれば一定期間家賃を払って頭金が十分になった時点でローンを組んで家を買える。はっきり言って彼女が得してあたしが損する設定だったんだけど、まあいいかと思って。

でも断られたんだよね。「そういうことすると今もらってる家賃の補助が受けられなくなるから」という理由で。

よく話を聞くと、仕事も今より良い条件の仕事があるんだけど、収入が上がると家賃の補助として貰える割合が減るから迷ってる、みたいなことも言っていた。

いや、補助なんて要らないくらい稼げるようになった方が良くない?徐々にステップアップしていかないと一生同じ状況だよ?って伝えたけどダメだった。

 

そもそもあたしの考えややり方はあくまでもあたしがいいと思ってるだけなんだよね。

あたしには彼女の考え方はイマイチ理解できなかったけど、あたしの提案が喜ばれていないのは明らかだった。タイミングの問題もあったのかもしれないけど。

 

あたしが持ってるものが役に立つ場面ってのは限られてて、あたしが持ってるものを喜んでくれる人も限られてるわけで、要は、あたしはその中でやれることやるしかないってことだ。それ以外のこと考えても仕方ない。

人生限られてるからね。

 

あと、昨日ブクマ・ブコメくれた方、ありがとうございます!

やっぱり「知らない」っていう部分も大きいんですね。

しかし「誰か教えて」って聞けば教えてくれる人がいるっていいわぁ。

これからもいろいろ教えてください。