役に立つかは別として

頭の中にあるゴチャゴチャを出しとけばスッキリするかも

人生、100歳まで生きても5,200週間

この間、かっちん母さんのこれ↓を読んだ。

uraraka20240416.hateblo.jp

観たいもの、読みたいものが溜まって仕方ない、自分の処理能力が追いつかない、という話で、めっちゃわかる~と思ったんだけど、実はその時、偶然この本↓を読んでいた。

良書です。

著者のオリバー・バークマンさんによると、世の中にあるタイムマネジメントの本のほとんどは、生活習慣の改善とか時短ハックという視点から効率的な時間の使い方について書いてあるだけだから失敗しているんだそう。なので、それを踏まえて、いかに人生が短いかとか、そもそも何をすべきなのかという視点から有効な時間の使い方について論じている。

現代人は誰も一度は読むべき本!という感じ。

原題は「Four Thousand Weeks: Time Management for Mortals」で、直訳すると「4,000週間:死ぬ運命にある人たちのためのタイムマネジメント」になる。80歳まで生きるとしたら人生は4,000週間っていう計算だからこういうタイトルなんだけど、そうか、100歳まで生きても5,200週間ってことかぁ…と思うと、なんだか人生の短さの実感が緊迫感とともに湧いてくる。

……それなのに、「時間と戦っても勝ち目はない」なんですよ、奥様!笑

つまり、かっちん母さんの「自分の処理能力が追いつかない」は正しい認識で、IT技術や時短ハックを駆使すれば時間をコントロールできると思っている人は何か勘違いしているというわけ。

効率を追求したってやることが増えるだけだし、倍速視聴みたいな効率を追求したやり方で生きていると根気よく1つのことに集中できなくなってくるだけ。そして、結果、時間の使い方のクオリティがどんどん下がっていく。

だから、短い人生をどう使うか考えて、1人ひとりが自分にとって意味がある時間の使い方をしなくてはならない、という話。

個人的にメモっておきたいと思ったのは以下:

「いつか◯◯したら〇〇しよう」みたいな先送り思考はダメ

「いつか◯◯したら…」って言ってる人、めっちゃ見かけるんですけど!笑

「お金が貯まったら…」とか言ってるけど、お金を貯めるために特別何かしてる?と聞くとそういうわけでもない……みたいな。

「AをするためにはBが必要だから、そのためにまずCをやるぜ!」って言える人しか永遠にAにはたどり着かない。

やりたくないことから目を逸らさず集中してやれ、その方が楽

実は、ここ数年の間に、やりたくなくてずーっと放置してたいくつかの案件にエイヤ!と取り組んだんだけど、このとき

  • 一旦取り組み始めると、放置していたときに感じていた不安や心配が消える
  • 必死にやっていると、「これだけ頑張ってもダメならもうええわ」という開き直りが芽生えてくる
  • 終わると、ずーっと頭の隅にあった不快感の1つが抹消されて、人生の清々しさが増す

というのを実感していたから、この理論にはめちゃくちゃ共感した。今後もやりたくないことにはこういう姿勢で立ち向かって行こうと思う。

時間をシェアすると人生が豊かになる

あたしの友達は結構みんな遠いところに散らばっている。それにまだ働いてる人が大半で、一緒に遊べないことが多い。あと、あたしは興味が偏りがちでハマると動かなくなるから、そもそも誘えるような相手がいないことも多い。

だから、目的があるときは大体一人で行動している。で、それはそれで楽しいんだけど、たまに目的もなく友達と会うとめちゃくちゃ楽しかったりする。だから、目的とか意義とかがなくても、人と時間をシェアするっていうのはやっぱり大事だなぁと思った。もう少しそういう時間の使い方を増やせるよう頑張ろう。

 

時間は延長できない。ぺらぺらに薄い時間をどっしり濃くするしかないんだと思う。

倍速で視聴されることを前提にしてわざと一層ペラペラなものを作ってるケースも最近は多い気がするから、まあアレなんだけど。