役に立つかは別として

頭の中にあるゴチャゴチャを出しとけばスッキリするかも

帯トートバッグ

ずっと前に「帯でカバンを作ってくれと言われている」と書いたけど

www.saki-imamura.workようやく作った!

こういう帯が

f:id:sakiimamura:20211229130116p:plain

こういうトートバッグに。ちなみに帯はほぼ全部使い切った。パチパチ

f:id:sakiimamura:20211229130149p:plain

裏地には帯生地で見返しをつけて、ファスナー付きのポケットもつけた。

f:id:sakiimamura:20211229130208p:plain

裏地は伯母が遺した生地の山の中にあった、羽織かなんかの着物用?の反物を使った。

持ち手は市販の合皮もの。手作り感抑えようと思って。

ただ、本当は裏地があるバッグって中表に縫い合わせてから表に返すんだけど、折り曲げることができない持ち手にしたせいで中表に合わせて縫い合わせるのが不可能になり、外表のまま合わせて持ち手を強引に避けながら縫い合わせる羽目になった。

さっとやらないと持ち手が引きちぎれる~と思いながら最後は必死の覚悟で縫った。笑

結果、なんとか上手くできて、悪くない出来栄えになった(と思う)。

色合いも渋くていいし、底のマチを14センチほどにして一応底板も入れたから自立するし。

唯一失敗したと思うのは、裏地を黒にしたこと。帯に黒が入ってたから合わせてわざわざ黒を選んだんだけど、大きめのトートバッグの裏地が漆黒だと、ガバっと開けても中が真っ暗でブラックホールのように見える。

まあ、黒くないものを入れてる限りは見にくいってことはないと思うけど。

しかし、帯は厚みがバッグ作るのにちょうどいいね。キャンバス生地よりおしゃれだし。

ただ、帯も裏地も裁断したところから静電気たっぷりの糸がポロポロ取れてきて、手にくっつくからゴミ箱に捨てにくかった。特に裏地にした反物は静電気もすごかったし出てくる糸がふわふわして余計扱いにくかった。

でもなんだかで出来上がりに母は喜んでいた。

「作るの大変だったんだよー」と説明したらあんまりわかってもらえず「…?…ふーん…」と言っていた。笑

ま、なんでもいいや。

いろいろできるようになってくると楽しい。

 

 

応援クリックお願いします~