役に立つかは別として

頭の中にあるゴチャゴチャを出しとけばスッキリするかも

入院することで一気に進んでしまうボケ

父が脳梗塞やって入院してから2週間経った。

なんなの、この早さは。

でも確かに2週間経っている。

 

そして、父のボケは一気に進んでいる。

毎日病院に通っている母が昨日「とうとう私のことわからないって言われた」と言っていた。

数日前にあたしが行った時は一応あたしのことはわかってた。

でも言ってることは既にハチャメチャで、例えば固形食はまだ食べてないはずなのに「お昼ご飯はなに食べたの?」と聞いたら「焼きそば」と言い張ってたし、会話の半分くらいは何度聞いてもなんのことを言ってるのかさっぱりわからない状態だった。

 

母によると、老人は入院すると一気にボケるのだそう。

あたしはアメリカにいたから知らないけど、亡くなった祖母も一時期入院していたときに一気にボケて、同時期病気をしていて見舞いに来れなくてしばらく会っていなかった自分の娘(あたしの伯母)のこともわからなくなっていたらしい。

で、母は「お祖母さんは退院したらだんだん姉さんのこと思い出してわかるようになってたけど、お父さんは戻るのかしらねぇ」と言っていた。

 

どうなんだろう?

毎日通ってきてくれてる人がわからなくなってきてるんだもんなぁ……。

 

父には意欲みたいなものが感じられない。

パーキンソンだとわかってからのリハビリも周りが強制してなかったらやってない気がするし、そもそも物事にあまり興味を示さない。

この間病院に行った時も「ずっと寝てるだけでつまんないでしょ?」と言ったら「つまらん」とは言ってたけど、「テレビでも観る?」って聞いても「観ない」って言うし、「何かやりたいことある?」って聞いても「ない」って答えてた。

「何か食べたいものとかある?」って聞いても「ない」と答えるし。

母も「私も何回も聞いたけど、テレビ観ないし何もしないし、食べたいものもないって言うのよ。病院食はきれいに完食してるんだけどね」と言っていた。

 

ボケの進み方がすごいのは、物事に対する興味がないからのような気がする。

ボケが進んでるから一層物事に対する興味が薄れてる部分もあるのかもしれないけど。

 

唯一良い(?)のは、父と会話するのがつらくなくなったということだけ。

ボケはじめてからは、いちいち理不尽なイチャモンつけてきたり、どうでもいいことで怒ったりしてネガティブなエネルギーを送ってこなくなったから相手にするのが楽になった。

まあ、会話って言ってもあんまりちゃんと成り立ってないんだけど。

 

これからどうなるんだろう……。

自分もいずれあんな感じでボケるのだろうか。

 

 

応援クリックお願いします~