役に立つかは別として

頭の中にあるゴチャゴチャを出しとけばスッキリするかも

保険会社と医療機関の関係がイマイチな日本

ずっと前に「ここが変だよ、日本の医療」的なのを書いた。 

www.saki-imamura.work

最近また1つ気づいたから書く。

 

うちの父は相変わらず入院してるんだけど、国民保険以外に民間保険にも入ってたから入院に対して1日いくらで保険が出ることになっている。

それはいいんだけど、保険金を貰うまでの手続きがひどい。

 

まず紙ベースなんだよね。

申請書を保険会社に送付してもらって、それを病院に持参して、書き上がったら取りに行って、それを保険会社に送付する。電子化されてる部分は保険金の振込だけ。

 

そして病院と保険会社が直接やり取りしてくれない。

これ言うと日本の人には「そりゃそうでしょ?」って言われるけど、アメリカでは保険会社は病院や医者と直接やり取りしてくれる。医者に行ったら自己負担分だけ払えばいいだけで、残りは勝手に両者でやってくれて最終的に支払い済みの明細だけが自分に来る。

だから、そもそも患者がお金を立て替えておく必要がないし、医者は保険会社が承認しないような無駄な検査や処方をしないからあとから保険がおりなかったということがないし、手続きにかかわらなくていいから手間も時間もかからない、というわけ。

これに慣れちゃってるあたしからすると、日本のシステムの不合理さはハンパない。

 

ちなみに、アメリカは医療保険が高いとかみんな言うけど、まともな保険に入ってれば自己負担金はそんなに高額にならない。保険料だって、少なくともあたしは、日本の国民保険になってからアメリカで払ってた額よりもたくさん払ってる。

それにろくな診断や処方しかしない医者は保険会社が却下して被保険者の選択肢にならなくなるから、アメリカではある意味保険会社が医者を見張ってくれてる形になっている。 

 

そして今回ホントにうんざりしたのは、病院側が申請書を書くのに4週間以上かけた、ということ。

最初、3週間かかると言われたときに「はあ???」と思ったけど、期限が来ても書けていなくて、何度も電話してようやく書いてもらった。

しかもお金取るんだよね。3,400円。

お金取るならもう少し早くやってくれてもいいんじゃないの?少なくともやると言った期限内でやってくれてもいいんじゃないの?と思う。

申請書自体もテキトーに書いてあって、カルテ見ればわかるはずの日付も◯◯頃とか書いてあって心底呆れた。

 

まあ申請書の件に関しては、この病院がたまたまひどかっただけで他の病院はそんなことないのかもしれないんだけど。

 

とにかく日本の医療システムに関してはいい印象が全くない。

やれやれ。

 

 

応援クリックお願いします~