役に立つかは別として

頭の中にあるゴチャゴチャを出しとけばスッキリするかも

ただ言いたいだけ

日本人の生きづらさの原因は日本独特の社会文化や価値観

日本で生まれて日本で育っていると、時代の流れに合っていない日本独特の社会文化や価値観が見えにくいのかもしれない。

うがいはきちんと全面しろ

ちゃんとしたやり方でうがいしてたら風邪をひかなかったかもしれない、という話

自分で見たり聞いたり体験したりして知っているということの凄さ

読んだり聞いたりすることを実体験に結び付けられることの効果って意外と凄いんじゃないかという話

ユーロ硬貨の単位の多さがヒドイという話

一番いいのは極力カードで済ませることで、事前に良い頃合いを見計らって外貨を買っておけるものがオススメ。

スペイン語とカタルーニャ語とフランス語

バルセロナでのスペイン語とカタルーニャ語と英語の話。

サグラダ・ファミリアとエッフェル塔

サグラダ・ファミリアは芸術作品として素晴らしすぎるからエッフェル塔のような「額縁」が必要、という話。

バルセロナ、とりあえず「へぇー」と思ったこと

バルセロナに行って「へぇー」と思ったこと。

10年ぶりくらいの風邪

身体は緊急体制に入ると本体のスイッチを切ろうとする、という話。

優先度は低いんだけどずっと心にひっかかったままの物事

このまま行ったら一生実行しなさそうだけど前からずっとやりたいなあと思ってたことをこの際やるのはどうか?という話

パリに行く前にフランス語の勉強をして学んだこと

英語最強、長期間の聞き流しの地味な威力すごい、という話

セミリタイアを経てほぼリタイアへ

ようやく気持ちの整理ができて「ほぼ」リタイアしました。

掴めなかった一瞬のチャンス

わかりやすいチャンスでも一瞬だと掴みそこねることもある、という話。

自分を先に出して嫌な人には去ってもらうということ

自分にとって居心地がいい環境を作るのには自分のことをそれほど好きじゃない人に去ってもらうのが一番、という話。

天才の努力の仕方

本気で何度も何度も試すやり方がピカソを天才的にしたんじゃないか、という話

2分で眠りにつく方法があるとな?

体をある状態に持っていくと人間は寝てしまうらしい。ホントにそんなことが自由自在にできたらスゴイ。

世界観や人生観は役立つものを自分で好きに選べばいい

世の中がどう見えるかは自分が何を信じているかによる、という話。

保険会社と医療機関の関係がイマイチな日本

医療機関と保険会社の関係がもっとしっかりしてたらいいのに、という話

「今、ここ」しかない理由

過去も未来も「今」体験している、というシンプルな説明

10年、20年のスパンで見たら人生はすごい

成功者がどんな道のりを歩んできたか聞くと希望しかないという話

自由の刑に処せられている人たちへ

好きにしろと言われて困る人は自由の刑に処せられる確率が高い件。

日本の医療が破綻するとしたらそれは当たり前

日本の医療には無駄な検査や処方が多すぎる、という話。

入院されられそうになった長い1日

健康大事。医者に楯突くことも大事。

ビジネスを勝ち取ることはできるかもしれないけれど、接待で心は勝ち取れない

日本の職場の人間関係って寒い、と思った件。

魂と自分

魂と自分って、普通一体化してんのかなぁ?

裁量労働制は悪くない、悪いのは日本の企業のあり方

裁量労働制に関する議論は的を外してる、という話。

「好き」に匹敵するかもしれない「求められる」ということ

「求められる」ということも「好き」と同じくらい人を動かすのかもしれない、という話

「好き」を仕事にできても成長できなきゃ続かない

「好き」を仕事にしたあとの話。

一番学ばなくちゃいけないのは自分だったというオチ

人を助けて結果的に一番助けられるのは自分。

無理してでも外に出たほうがいいとき

時間がループしてると思うところまで来たらヤバイ。外に出よう。

日本でも「メンター」という言葉が浸透して欲しい(できれば「親方」じゃなくて)

メンターはやっぱり需要がある!あたしにして欲しいっていう人がいるんだもの。